【スポンサーリンク】

トーマス・ブライアントが前十字靱帯断裂で今季全休へ

再建中のワシントン・ウィザーズが、伸び盛りの先発センター抜きで残りのNBAシーズンを戦わなければならなくなった模様。

ESPNの記者によると、NBAキャリア4年目のトーマス・ブライアントが左膝の前十字靱帯を断裂していることが判明し、残りのシーズンを全休する見込みだという。

ブライアント不在の間、ベテランセンターのロビン・ロペスが5番のポジションで先発起用されると見られている。

また、十分な出場時間を得ることができていないモリツ・ワグナーの出場機会も増えるだろう。

ブライアントは先日のマイアミ・ヒート戦第1Q中に負傷。

コートに倒れて激しい痛みを訴えた後、トレーナの助けを借りてロッカールームに下がった。

まだ23歳と若いトーマスには厳しいリハビリを乗り越え、より強くなってNBAゲームに戻ってきてもらいたい。

なお、トーマスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
所属チームワシントン・ウィザーズロサンゼルス・レイカーズ
ワシントン・ウィザーズ
出場試合数10143
平均出場時間27.120.9
平均得点14.310.7
平均リバウンド6.16.0
平均アシスト1.51.4
平均スティール0.40.4
平均ブロックショット0.80.9
平均ターンオーバー1.10.9
FG成功率64.8%60.0%
3P成功率42.9%36.2%
フリースロー成功率66.7%74.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA