【スポンサーリンク】

デイミアン・リラード「第8シードだからMVPとはみなされないと言われていた」

デイミアン・リラード「第8シードだからMVPとはみなされないと言われていた」

NBA2020-21シーズンのMVP最終候補には、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビード、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが残った。

現時点で最有力候補として見られているのは、NBAキャリアベストのスタッツを記録したニコラ・ヨキッチだ。

だが、カリーがシーズン後半に怒涛のパフォーマンスを見せたことにより、カリーを推す声も少なくない。

そんな中、毎年のようにMVPレベルのパフォーマンスを続けているポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードがMVPに言及した模様。

リラードによると、昨季のリラードは「第8シードだからMVPとはみなされない」と評価されていたという。リラードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼(カリー)がMVP議論に加わっているのは間違いない。

だが、彼はMVPに選出されないと僕は思う。

第8シードというポジションがどう影響するのかは分からない。

昨季、スティーブン・A(・スミス)のような人々はこう言っていた。

「デイムがやっていることは素晴らしい。だが、彼はMVPになれない。なぜなら、彼らは第8シードだから」とね。

僕が言っている意味が分かるかい?

昨季の僕は平均30得点、8アシスト、FG成功率46%、3P成功率40%、フリースロー成功率90%を記録した。

だが、「彼をMVPとしてみなすことはできない。なぜなら、彼らは第8シードだからだ」と言われていた。

それが今ではOKになった。

僕はそう見ている。

(カリーは)間違いなくMVP議論に加わっている。

彼を加えない理由はない。

リラードが今季のMVPに推しているのは、ナゲッツのヨキッチ。

リラードによると、出場試合数やチームの状況を考えると、エンビードよりヨキッチのほうがMVPにふさわしいという。

残念ながらリラードは今季もMVP最終候補に残ることができなかったが、来季もMVPレベルのパフォーマンスを続け、MVPにふさわしいスーパースターであることを証明してもらいたい。

なお、リラードの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数67682
平均出場時間35.836.3
平均得点28.824.7
平均リバウンド4.24.2
平均アシスト7.56.6
平均スティール0.91.0
平均ターンオーバー3.02.8
FG成功率45.1%43.9%
3P成功率39.1%37.5%
フリースロー成功率92.8%
(キャリアハイ)
89.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA