【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンがウォリアーズについて「原点回帰しなければならない」

ドレイモンド・グリーンがウォリアーズについて「原点回帰しなければならない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズは昨季に続き、今季もNBAプレイオフに進出することができなかった。

エースのステフィン・カリーはMVPレベルのパフォーマンスを見せたものの、プレイイントーナメントでロサンゼルス・レイカーズとメンフィス・グリズリーズに敗れ、NBAプレイオフ復帰という目標を果たせなかったウォリアーズ。

このオフシーズンはロスターを再編し、NBAタイトルを狙えるレベルのチームにしていくと見られるが、ドレイモンド・グリーンによると、ウォリアーズは原点回帰しなければならないという。

グリーンはオフシーズンのウォリアーズについて次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

(ロスターの再編において)僕は非常に大きな役割を果たすことになるだろう。

そうすべきだ。

間違いなく大きな役割を果たすと思うよ。

深く関わらなければならない。

今季を振り返ると、多くの成功があったとは思う。

だが、チャンピオンにはなれなかった。

だから原点回帰し、考えなければならない。

僕たちはそうするだろうし、それを楽しみにしている。

僕、ステフ、クレイ(・トンプソン)、コーチングスタッフ、フロントオフィスが一緒になって話し合わなければならない。

僕たちはいつもそうしてきた。

この夏はものすごく重要になるだろう。

僕たちは原点回帰し、じっくり話し合わなければならない。

僕たちが望む場所に行くためにね。

そういった議論をかわさなければならないし、それを楽しみにしているよ。

ウォリアーズはカリー、グリーン、トンプソンを中心とし、彼らをサポートする選手を獲得すると見られている。

完全FAになるケリー・ウーブレとケント・ベイズモア、オプションを破棄することでFAになるケボン・ルーニーに対し、再契約をオファーするか否かも決断しなければならない。

また、十分な結果を残すことができなかったジェイムス・ワイズマンにもトレードの噂が浮上している。

まだ若く、将来性のあるワイズマンをトレード要員とすれば、ウォリアーズが必要とする選手を獲得できる可能性も十分ある。

果たしてグリーンはどう考え、どのようなロスターをウォリアーズに求めていくのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA