【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「1月から手首の怪我と戦っていた」

アンソニー・デイビス「1月から手首の怪我と戦っていた」

ここ2シーズンのアンソニー・デイビスは、怪我による長期離脱を強いられている。

ロサンゼルス・レイカーズ移籍後1年目はレブロン・ジェイムスとともにNBAタイトル獲得に貢献したものの、その後2年は怪我に苦しめられているデイビス。

それと同時に、昨季はアウトサイドシュートの精度の低さ(3P成功率18.6%)も指摘されたが、デイビスによると、シュートの精度が低かったのは手首の怪我が影響していたという。

デイビスは昨季について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

多くの人々はこのことを知らないが、僕は1月から手首の怪我と戦っていた。

撃ちたいシュートを撃つのが難しかった。

今はすごく良い調子さ。

レイカーズのヘッドコーチに就任したダービン・ハムは、デイビスを中心としたオフェンスを構築することを明かした。

もしデイビスが健康を維持し、チャンピオンシーズンのようなパフォーマンスを取り戻すことができれば、レイカーズは再び危険なチームとなるだろう。

なお、デイビスは昨季終盤、レイカーズについて次のように語っていた。

怪我をなくすことはできない。

僕たちが初めて結集した時、全員が健康だったトレーニングキャンプ初日の目標はチャンピオンを勝ち取ることだった。

ピースは揃っていると思っていた。

だが、怪我が邪魔をした。

それが僕たちのシーズンの分かれ目になってしまったんだ。

僕、ブロン、ラスが揃ってプレイする機会を失ってしまった。

僕たちは素晴らしい選手だと思うし、理解し合えたと思う。

もっと長く一緒にプレイできていればと思うが、できなかった。

3人のベストプレイヤーがともに十分な出場時間を確保できなければ、チャンピオンを狙うのは難しい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA