【スポンサーリンク】

レジー・ミラーのNBA記録を塗り替えたバディ・ヒールドにタイリース・ハリバートンの父がかけていた言葉とは?

レジー・ミラーのNBA記録を塗り替えたバディ・ヒールドにタイリース・ハリバートンの父がかけていた言葉とは?

インディアナ・ペイサーズのバディ・ヒールドが、現地29日に行われたクリーブランド・キャバリアーズ戦であるNBA記録を更新した。

ヒールドはこの日、試合開始3秒後に3ポイントを成功。

ヒールドはこれにより、NBAレジェンドのレジー・ミラーが2000年3月5日のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で当時NBA史上最速だった開始4秒後に3ポイントを決めた記録を抜き、NBAの最速3ポイント成功新記録を樹立したという。

普通であればボールを一度ポゼッションし、オフェンスを組み立てるところだろう。

だが、ヒールドが迷いなく3ポイントを放ったのは、チームメイトであるタイリース・ハリバートンの父からの激励があったからなのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ハリバートンの父はキャブス戦が始まる前、ヒールドに「シュートを撃て。ドリブルするな。君にドリブルは必要ない。ただシュートを撃て。頼んだ」などと伝えていたという。

「分かった」と答えたヒールドは、試合が始まるまでハリバートンの父の言葉を忘れていなかったのだろう。

ヒールドの活躍もあり、ペイサーズはキャブスに勝利した。

ヒールドとハリバートンは昨季中のトレードでサクラメント・キングスからペイサーズに移籍。

彼らはプライベートでも親交があり、良い関係を築いているという。

ヒールドにはトレードの噂が浮上しているが、ヒールドとハリバートン一家の絆はこれからも続くに違いない。

なお、ヒールドのキャブス戦のスタッツは以下の通りとなっている。

キャブス戦
出場時間32:46
得点25
リバウンド3
アシスト3
スティール2
ブロックショット0
ターンオーバー1
FG成功率71.4%
(10/14)
3P成功率83.3%
(5/6)
フリースロー成功率
+/-+14

【スポンサーリンク】

コメントを残す