【スポンサーリンク】

NBA2022-23シーズンの最年長と最年少選手10人とは?

NBA2022-23シーズンの最年長と最年少選手10人とは?

現役続行か引退か注目されたマイアミ・ヒートのユドニス・ハスレムは、NBAキャリア20年目となる来季もヒートのユニフォームを着てプレイする決断を下した。

ハスレムは6月に42歳になったばかりだが、40代の現役NBA選手はハスレムただひとり。

その一方で、若い選手たちも続々とNBA入りを果たしている。

ベテラン選手たちは若手選手のメンターとなり、若手選手たちはアドバイスをもらいながらNBAスターを目指していくだろう。

hoopsrumors.comによると、NBA2022-23シーズンの最年長選手トップ10と最年少選手トップ10は以下の通りだ。

NBA2022-23最年長選手トップ10

選手所属生年月日年齢
ユドニス・ハスレムMIA1980/6/942
アンドレ・イグダーラGSW1984/1/2838
レブロン・ジェイムスLAL1984/12/3037
PJ・タッカーPHI1985/5/537
クリス・ポールPHX1985/5/637
タージ・ギブソンWAS1985/6/2437
カイル・ラウリーMIA1986/3/2536
ジョージ・ヒルMIL1986/5/436
ゴーラン・ドラギッチCHI1986/5/636
ギャレット・テンプルNOP1986/5/836

NBA2022-23最年少選手トップ10

選手所属生年月日年齢
ジェイレン・デュレンDET2003/11/1818
トレバー・キールズNYK2003/8/2619
AJ・グリフィンATL2003/8/2519
ニコラ・ジョビッチMIA2003/6/919
シェイドン・シャープPOR200/5/3019
ドミニック・バーローSAS2003/5/2619
ウスマン・ジェンOKC2003/5/2119
ジェレミー・ソーハンSAS2003/5/2019
ジャバリ・スミスHOU2003/5/1319
マラカイ・ブランナムSAS2003/5/1219

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA