【スポンサーリンク】

スコッティ・ピッペン「今のNBAゲームに忠誠心は必要ない」

スコッティ・ピッペン「今のNBAゲームに忠誠心は必要ない」

NBAオールスターのケビン・デュラントは先日、ブルックリン・ネッツにトレードを要求した。

デュラントが移籍を望んでいるとされるNBAチームは、フェニックス・サンズとマイアミ・ヒート。

サンズとヒートはNBAチャンピオンを狙えるレベルのチームであり、デュラントの移籍希望を「バスライダー」などと批判する声も少なくない。

だが、NBAレジェンドのスコッティ・ピッペンによると、今のNBAでは選手はもちろんチームも忠誠心を保つ必要はないという。ピッペンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

君たちも分かっていると思うが、これが今のゲームだ。

選手たちはそれぞれの運命をコントロールするものであり、交渉の場において選手とチームどちらにも忠誠心はそれほど必要ない。

僕はそれで良いと思う。

選手たちが変化のために自由を手にするのは良いことだと思うし、オーナーたちも選手に対してそうしてきた。

つまり、彼らは対等の立場でやっているんだ。

だから、KDがやったことが悪いとは僕は思っていないよ。

彼にとっては素晴らしい動きだと思う。

今のゲームではやりたいだけやれる。

ピックアップバスケットボールをプレイしているようなものさ。

ピッペンは以前からデュラントを高く評価し、「NBA史上最高の選手、NBA史上最高のスコアラーとして記憶されるだろう」と称賛している。

デュラントの去就については依然として不透明だが、どのNBAチームに移籍したとしてもチームメイトたちをリードし、今もNBA史上最高のスコアラーのひとりであることを証明するパフォーマンスを見せてくれるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ファンのことを考えなくなったらもうおしまいよ。

*

CAPTCHA