【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがベン・シモンズに「シュート!」と叫んだ理由とは?

カイリー・アービングがベン・シモンズに「シュート!」と叫んだ理由とは?

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは先日行われたミルウォーキー・バックス戦でベン・シモンズにパスを出した時、「シュートだ!ベン」と叫んだ。

シモンズにとってレイアップを狙うチャンスだったが、シモンズはケビン・デュラントへのパスを選択。

その結果、デュラントのジャンパーにつながったわけだが、アービングによると、「シュートだ!ベン」と叫んだのはシモンズに自信を持たせるためでもあったという。

アービングはこのプレイについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

彼にパスした時、僕は彼がレイアップを狙うと思っていた。

だから彼の目を見て、「シュートだ!ベン」と言ったんだ。

ただの映像の一部であり、試合全体を映像で見直すことができる。

僕はそうするだろう。

大きな視点で見なければならない。

ベンにはどの試合もアグレッシブにプレイしてもらいたい。

僕たちはそう思っている。

彼にはどのプレイでもアシストしてほしいし、リバウンドを奪ってほしいし、相手のベスト選手にマッチアップしてほしいし、彼にやれることすべてをやってもらいたい。

だが、今は自信を持って仕事に取り組んでほしいんだ。

アービングによると、シモンズが自信を持ってプレイできるようになるまで繰り返しチャレンジしなければならないという。

シモンズがメンタルの問題を克服し、自信を持ってプレイできるようになるまで時間がかかるだろうが、チームメイトたちにサポートされながら乗り越えてもらいたいところだ。

なお、シモンズの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数5280
平均出場時間31.033.9
平均得点5.615.8
平均リバウンド6.28.0
平均アシスト6.87.7
平均スティール1.21.7
平均ターンオーバー2.83.4
FG成功率44.4%55.9%
3P成功率14.3%
フリースロー成功率40.0%59.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA