【スポンサーリンク】

チェット・ホルムグレンの復帰は来年冬以降?

チェット・ホルムグレンの復帰は来年冬以降?

今年のNBAドラフト2位でオクラホマシティ・サンダーに入団したチェット・ホルムグレンは、リスフラン靭帯の損傷により来季を全休することになった。

若手中心に再建中のサンダーにとってホルムグレンのシーズン全休は大きな痛手だろうが、サンダーとサンダーのファンはホルムグレンが完治するまで根気強く待たなければならないかもしれない。

スポーツ外傷の専門医であるバージニア・バカスによると、ホルムグレンの怪我は再発のリスクが高く、完治と再発防止のための措置には相当な時間を要するという。バカスのコメントをsportsnaut.comが伝えている。

このような怪我を負うNBA選手はあまりいない。

ホルムグレンは背が高く、細い体型をしている。

それがこの珍しく、困難な状況にしている。

私はホルムグレンが2023-24シーズン前にプレイできるようになると予想しているが、100%の状態ではないだろう。

おそらく来年の冬まで彼自身を取り戻すことはできない。

1年後も再発のリスクは高い。

再発を予防するためには、彼の動きを注意深く研究し、構造を調整する必要がある。

構造を改善するには年数がかかるだろう。

そうすれば彼の身体はNBAでのプレイに対応できるようになる。

不幸中の幸いか、ホルムグレンはまだ20歳と若い。

そのぶんベテラン選手と比べると回復は早いだろう。

だが、構造を調整する必要があるなら、相当な時間がかかるのは間違いない。

ホルムグレンにとって辛いリハビリ期間が続くだろうが、NBAで戦える強い身体を手にして戻ってきてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    アメリカでは野球もそうだが、怪我をするならプロへ行ってからにしてくれってことなのかな。学生の時はフィジカルプレーを避けているんですかね。選手の動きなんてプロへいった途端変わるわけじゃないんだし。

    • By 匿名

      NBAとカレッジの選手の動きなんか次元が違う
      全く同じプレーでもNBA選手がやったらカレッジの選手は吹き飛ばされる
      特にビッグマンは
      これはNBAというかスポーツの常識中の常識

*

CAPTCHA