【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルックがシュートフォームを矯正か?

ラッセル・ウェストブルックがシュートフォームを矯正か?

ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウェストブルックはダイナミックなドライブを武器にしている一方で、ジャンパーは得意としていない。

特に昨季はシュートの精度で批判を浴び、「ラッセル・ウェストブリック」と嘲笑されてしまったわけだが、ウェストブルックはこの状況を脱却すべく、シュートの改善に力を入れているのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、これまでのウェストブルックはボールのリリースポイントを頭の上に置いていたが、最近のワークアウトでは額付近に下げているという。

シカゴ・ブルズのロンゾ・ボールはレイカーズ時代にシュートの精度に問題を抱えていた。

だが、ニューオーリンズ・ペリカンズ移籍後にシュートフォームを調整し、特に3ポイントシュートの精度が劇的に改善した。

果たしてウェストブルックはボールのように練習の成果を実戦で見せ、汚名を返上することができるだろうか?

なお、ウェストブルックの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数781021
平均出場時間34.334.7
平均得点18.522.8
平均リバウンド7.47.4
平均アシスト7.18.4
平均スティール1.0
(キャリアワースト)
1.7
平均ターンオーバー3.84.1
FG成功率44.4%43.8%
3P成功率29.8%30.5%
フリースロー成功率66.7%78.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA