【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンがスターターの座を勝ち取ったきっかけとは?

ドレイモンド・グリーンがスターターの座を勝ち取ったきっかけとは?

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、NBA屈指のディフェンダーであり、プレイメイカーとして知られている。

もしグリーンがいなければ、ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンは今のようなNBAキャリアを送ることができなかっただろう。

だが、2012年のNBAドラフト35位でウォリアーズに指名されたグリーンは、特に期待されるような選手ではなかった。

グリーンによると、ウォリアーズ入団以降は努力を積み重ねると、出場機会を与えられた時に実績を残したため、その後スターターに定着できたという。

グリーンは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

2年目のプレイオフ数試合で先発した。

デイビッド・リーが怪我したからね。

だが、3年目まで先発に定着しなかった。

デイビッド・リーがトレーニングキャンプ中に怪我し、シーズンが始まっても完治しなかったから、僕が先発したんだ。

そのシーズンは16勝2敗でスタートしたと思う。

デイビッド・リーが復帰した時、スティーブ・カーは「スターターはこのままでいこう」と言った。

そして僕が先発することになったのさ。

スターターに抜擢されたグリーンはその後着実に成長し、ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーやNBAオールスターに選出されるなど、素晴らしい実績を残した。

グリーンは数少ないチャンスに備えて必死に準備し、下剋上を狙っていたのだろう。

グリーンは来季もウォリアーズをまとめるパフォーマンスを見せ、NBA連覇に貢献するに違いない。

なお、グリーンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数46685
平均出場時間28.928.5
平均得点7.58.7
平均リバウンド7.36.9
平均アシスト7.05.4
平均スティール1.31.4
平均ブロックショット1.11.0
平均ターンオーバー3.02.2
FG成功率52.5%
(キャリアハイ)
44.1%
3P成功率29.6%31.5%
フリースロー成功率65.9%
(キャリアワースト)
71.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA