【スポンサーリンク】

相棒ケビン・デュラントを欠くカイリー・アービングが2連敗につい「僕たちの成長につながる」

相棒ケビン・デュラントを欠くカイリー・アービングが2連敗につい「僕たちの成長につながる」

NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントを怪我で欠くブルックリン・ネッツは現地15日に再建中のオクラホマシティ・サンダーに敗れ、デュラント離脱後の試合を0勝2敗とした。

ネッツは昨年1月もデュラントの負傷離脱後に大崩れしてしまったため、多くのネッツファンは「昨季を繰り返すのではないか?」などと不安を感じているだろう。

だが、リーダーとしてネッツを牽引するカイリー・アービングによると、今は個人として成長するチャンスだという。

アービングはサンダーに敗れた後、デュラント不在のネッツについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ケビンはいないが、僕たちは苦戦するとは思っていない。

僕はそういった信念を持っている。

ロッカールームにいる全員が僕と同じ気持ちだし、昨季とはまったく違う。

比較するのはやめるべきだ。

ここで起きたことは成長につながる。

仲間たちは間違いなく仕事を引き継ぐことができるし、いろんな役割の中でプレイすることができる。

個人として成長する大きなチャンスになるだろう。

こういった経験をしたことがある選手もいるし、そうではない選手もいる。

先週は次から次に勝って栄光一色だった。

今、僕たちは苦戦する可能性についての質問に答えている。

この日はデュラントに加え、NBA屈指のディフェンダーでありプレイメイカーのベン・シモンズも欠場。

大黒柱の2人が欠場したせいか、アービングにはプレッシャーがかかり、この日は15得点、FG成功率35.0%(7/20)、3P成功率14.3%(14.3%)にとどまった。

チームとしての3P成功率も29.3%(12/41)と、結果を残すことができなかったネッツ。

デュラントの偉大さが浮き彫りになる中、アービングをはじめネッツの選手たちには次のサンアントニオ・スパーズ戦での奮起を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

コメントを残す