【スポンサーリンク】

ザック・ラビーンが開幕戦を欠場

ザック・ラビーンが開幕戦を欠場

シカゴ・ブルズのNBAスター、ザック・ラビーンは、昨季の大半を左膝の痛みと戦いながらプレイした。

その後手術を受け、完全回復が見込まれていたラビーン。

だが、ラビーンの左膝はまだ本調子ではないのかもしれない。

ブルズは現地19日、ラビーンがマイアミ・ヒートとのNBA2022-23シーズン開幕戦を「左膝のマネジメント」により欠場することを発表した。

また、今季2試合目のワシントン・ウィザーズ戦も欠場する可能性があると報じられている。

ラビーンはオフシーズン中に手術を受けたものの、ブルズはラビーンの左膝が「長期的な問題にはならない」と判断し、ラビーンと5年のマックス契約を結んだ。

プレシーズン中ンは「重要なのは左膝に痛みがなく、制限なしでプレイできること」と語っていたラビーンが健康を完全に取り戻し、一日も早く制限なしでプレイできるようになることを祈りたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA