【スポンサーリンク】

デイミアン・リラード「僕がエリートプレイヤーであることを証明する必要はない」

デイミアン・リラード「僕がエリートプレイヤーであることを証明する必要はない」

ポートランド・トレイルブレイザーズのNBAスター、デイミアン・リラードは、昨季の大半を腹筋の怪我により欠場した。

今季はリラードとブレイザーズにとってリベンジと躍進のシーズンとなるだろうが、少なくともリラードの頭の中に「リベンジ」のマインドはないようだ。

リラードはNBA2022-23シーズン開幕を前に、自身について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕がエリートプレイヤーであることを誰かに証明する必要はないと思う。

昨季の僕は腹筋と恥骨が剥離した状態で30試合に出場した。

それでも平均25得点、7アシストだ。

僕はリベンジを意識してプレイするわけではないよ。

リラードはNBAを代表するスター選手のひとりであり、それは誰もが知るところだ。

だが、長いNBAキャリアを通して初めての長期離脱だったため、リラードのパフォーマンスを心配しているブレイザーズファンは少ないかもしれない。

しかし、リラードは次第にリズムを取り戻し、再び相手を圧倒するプレイを繰り広げるに違いない。

なお、リラードのプレシーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

LAC戦UTA戦SAC戦
出場時間232427
得点16218
リバウンド350
アシスト266
スティール101
ブロックショット010
ターンオーバー152
FG成功率38.5%
(5/13)
60.0%
(6/10)
20.0%
(2/10)
3P成功率37.5%
(3/8)
50.0%
(3/6)
0%
(0/4)
フリースロー成功率75.0%
(3/4)
100%
(6/6)
100%
(4/4)
+/-+2-7-23

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA