【スポンサーリンク】

パトリック・ベバリーの批判に対するケビン・デュラントの反応は?

パトリック・ベバリーの批判に対するケビン・デュラントの反応は?

ブルックリン・ネッツのNBAオールスター、ケビン・デュラントは現地23日、トレード要求を取り下げ、ネッツの一員としてNBAチャンピオンを目指すことで合意した。

デュラントのトレード要求は市場に混乱をもたらし、多くのFA選手が影響を受けることになってしまった。

このオフシーズン中のトレードでミネソタ・ティンバーウルブズからユタ・ジャズに移籍したパトリック・ベバリーは、それを快く思っていないようだ。

fadeawayworld.netによると、ベバリーはデュラントに対し、SNSを通して「何も言わずに座っていることもできるが、クールではない。このKDのくだらないことのせいで、家族がいるのに仕事を手にできない男たちがいるんだ」などと批判したという。

一方、デュラントはベバリーの批判を受け、ひと言「#BlameKD(KDを批判しろ)」と反応した。

デュラントの去就が決定したことにより、まだ契約を手にできていないFA選手たちにはチャンスが訪れるだろう。

元NBAオールスターポイントガードのアイザイア・トーマスは、デュラントがトレード要求を引き下げたと報じられた後、「ようやくだ。僕たちは契約できる」とツイートした。

デュラントの件はひとまず終了したわけだが、今回の問題はNBA全体に大きな影響を及ぼした。

NBAチームのオーナーたちはデュラントの件を問題視し、今後に向けて対策を話し合うと噂されているが、果たしてデュラント自身はこの状況をどう見ているのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA