【スポンサーリンク】

ロケッツがエリック・ゴードンをトレードしない理由はジェイムス・ハーデン?

ロケッツがエリック・ゴードンをトレードしない理由はジェイムス・ハーデン?

ヒューストン・ロケッツのエリック・ゴードンには、トレードの噂が浮上している。

だが、ロケッツが若手中心として再建期に入って以降トレードの噂は出続けているものの、ゴードンは今もロケッツのユニフォームを着てプレイしている。

ロケッツは現地2月9日のトレード期限以降もゴードンをロスターに残す可能性があると報じ始められているが、その理由はNBAオールスターガードのジェイムス・ハーデンなのかもしれない。

RealGMによると、ロケッツはハーデンが今年夏に復帰する可能性があると感じ、ハーデンと親交のあるゴードンをロスターに残すという。

昨年夏にフィラデルフィア・セブンティシクサーズと再契約したハーデンは、今年夏にプレイヤーオプションを行使すると見られている。

ハーデンはロケッツの組織とヒューストンを恋しく思っており、FAとしてロケッツに復帰する可能性があると噂されているが、かつてのチームメイトであるゴードンがいれば復帰しやすいだろう。

とはいえ、NBAタイトルを切望しているゴードンにとっては辛い時間が続くことになりそうだ。

なお、ゴードンの来季の契約は約2090万ドルとなっているが、ロケッツがNBAチャンピオンにならない限り、来季のサラリーは非保証となる。

ゴードンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2022-23NBAキャリア
出場試合数39788
平均出場時間29.732.3
平均得点12.2
(キャリアワースト)
16.2
平均リバウンド1.92.4
平均アシスト2.62.8
平均スティール0.5
(キャリアワーストタイ)
0.8
平均ターンオーバー1.61.9
FG成功率42.7%42.8%
3P成功率34.8%37.0%
フリースロー成功率80.8%81.0%

【スポンサーリンク】

コメントを残す