【スポンサーリンク】

ミッチェル・ロビンソンが右手親指骨折で3週間以上離脱へ

ミッチェル・ロビンソンが右手親指骨折で3週間以上離脱へ

NBAキャリア5年目を迎えているニューヨーク・ニックスのミッチェル・ロビンソンが、しばらく離脱する模様。

ニックスは現地19日、ロビンソンが骨折した右手親指の修復手術を受け、3週間後に再評価を受けることを発表した。

ロビンソンは先日のワシントン・ウィザーズ戦で負傷。

当初は捻挫と診断されていたが、さらなる検査の結果、骨折していることが判明した。

今季のニックスはタフなディフェンスを展開しているが、NBA屈指のリバウンダーでありショットブロッカーであるロビンソンの離脱は、ニックスに大きな痛手となるだろう。

なお、ロビンソン離脱の間はアイザイア・ハーデンシュタインとジェリコ・シムズの出場機会が増えると見られている。

ロビンソンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2022-23NBAキャリア
出場試合数38268
平均出場時間26.924.2
平均得点7.2
(キャリアワースト)
8.3
平均リバウンド8.9
(キャリアハイ)
7.7
平均アシスト1.0
(キャリアハイ)
0.6
平均スティール0.90.9
平均ブロックショット1.82.0
平均ターンオーバー0.50.7
FG成功率67.4%71.6%
フリースロー成功率50.6%53.5%

【スポンサーリンク】

コメントを残す