【スポンサーリンク】

ブルズで唯一トレード対象外の選手はアレックス・カルーソ?

ブルズで唯一トレード対象外の選手はアレックス・カルーソ?

シカゴ・ブルズはNBAオールスターのデマー・デローザンとザック・ラビーン、元NBAオールスターのニコラ・ブーチェビッチ、ゴーラン・ドラギッチ、アンドレ・ドラモンドを抱えているにも関わらず、現在21勝24敗でイースタン・カンファレンス10位にとどまっている。

ブルズは今季ここまでの成績を受け、ほとんどの選手をトレード対象にしているというが、アレックス・カルーソについては長期的視点で見ているのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ブルズはNBAトップクラスのディフェンダーであり、唯一NBAチャンピオンの味を知るカルーソを高く評価し、長期的にロスターに残すことを検討しているという。

今季のカルーソはディフェンスだけでなく、アウトサイドシュートでも貢献している。

今季3P成功率39.5%を記録しているカルーソはブルズにとって欠かせない選手のひとりであり、ロスターに残したいと考えるのは必然なのかもしれない。

カルーソには複数のNBAチームが関心を持っているというが、彼を獲得したいNBAチームはブルズに有無を言わせないトレードパッケージを組まなければならないだろう。

なお、カルーソの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数38263
平均出場時間24.521.1
平均得点5.66.1
平均リバウンド2.92.6
平均アシスト3.52.8
平均スティール1.61.2
平均ターンオーバー1.31.2
FG成功率43.5%42.4%
3P成功率39.5%37.0%
フリースロー成功率75.0%73.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す