【スポンサーリンク】

足首の痛みと戦いながらプレイするレブロン・ジェイムス

サンアントニオ・スパーズとの2014年NBAファイナルで、マイアミ・ヒートのレブロン・ジェイムスは足首の痛みと戦いながらプレイしているという。

ファイナル第4戦では、国歌斉唱直後、そして第1Qのタイムアウト時にロッカールームへ下がったジェイムスだが、このときに足首の治療を受けていたと見られる。

コート上でも度々顔を歪ませているシーンがカメラに捉えられていることから、相当の痛みを抱えているのだろう。

第4戦の後、ジェイムスは自身の足首について次のように話している。

「第1Qでロッカールームへ下がったとき、足首のテーピングを巻き直したんだ。ここ数日、足首の痛みに悩まされてるよ。でも問題ないさ」

第5戦まで二日間の休養を挟むため、ジェイムスには治療に充てる時間が十分ある。

ジェイムスの活躍なしに、ヒートの勝利は有り得ない。

崖っぷちに追い詰められたヒートだが、すべてはジェイムスの両肩にかかっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA