【スポンサーリンク】

グレッグ・オデン「来季もNBAでプレイしたい」

マイアミ・ヒートのセンター、グレッグ・オデンは、サンアントニオ・スパーズとの2014年NBAファイナル第3戦で1分36秒の出場時間にとどまった。

だが、オデンの復帰自体が奇跡といっても過言ではないだろう。

過去7度に渡って膝を手術し、一時はNBAの舞台から姿を消したものの、懸命なリハビリでカムバック。

このプレイオフの舞台で出場を果たすということは、オデンにとってひとつの夢だったのかもしれない。

だが、オデンはもっとプレイしたいと願っている。

「来年も絶対プレイする。だけど、今はこれ(プレイオフ)に集中して、リングを獲得した後に考えるよ。体の状態は良い。まだまだプレイできるんだ。問題ないさ」

まるで自分に言い聞かせるかのように話すオデンは、バスケットボールをできることに幸せを感じている。

一方、第3戦終了後、ヒートのエリック・スポエストラHCはオデンについて次のようにコメントした。

「グレッグ・オデンはこのリーグで最も大きなサクセスストーリーのひとつさ。残念なことに、人々は彼の出場時間だけで判断してるけど。2年前、オデンは2度とプレイできないってみんな言ってたよね。でも今はいつでもプレイできるんだ」

この後のプレイオフでも、オデンには十分な出場時間が与えられないかもしれない。

だが、オデンなら完全復活する姿をいずれ見せてくれることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA