【スポンサーリンク】

2014 FA選手TOP6~10

2014年の夏には、多くのNBA選手がFA権を取得できる。

FAとなり得るNBA選手TOP6~10を以下で2013-14シーズンのスタッツとともに見てみよう。

ティム・ダンカン(SAS)

スパーズのフランチャイズフレイヤーとして長年に渡って貢献。

他チームへ移籍する可能性は低く、スパーズで現役を退くものと見られている。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
29.215.19.73.049.30.073.14.0

カイル・ローリー(TOR)

幾度となくトレードが噂されていたものの、シーズン後半から急成長。

手放したくない選手のひとりになったものの、ラプターズはサラリーのアップを懸念しているようだ。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
36.217.94.77.442.338.081.33.4

エリック・ブレッドソー(PHX)

サンズのラン・アンド・ガン復活に貢献。

シーズン途中には負傷離脱したものの、アグレッシブなプレイでサンズを強豪チームへと復活させた。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
32.917.74.75.547.735.777.23.2

ルオル・デン(CLE)

シーズン途中にブルズから電撃移籍したルオル・デンは、キャブスに不満を持っていると言われている。

ドラフト1位指名権を獲得しているキャブスだけに、デン放出の可能性はあるようだ。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
35.116.05.72.943.130.279.10.1

グレッグ・モンロー(DET)

NBAトップセンターのひとりだが、2013-14シーズンは期待通りのプレイを見せることができなかたった。

チームスタッフにも大規模な変更があったため、チームを去る可能性は高いと言われている。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
32.815.29.32.149.70.065.7-1.9

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA