【スポンサーリンク】

デイミアン・リラードがドレイモンド・グリーン問題について「どこのロッカールームでもあること」

デイミアン・リラードがドレイモンド・グリーン問題について「どこのロッカールームでもあること」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが起こした問題が波紋を呼んでいる。

ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCはグリーンに行為について「容認はできない」とした一方で、「映像がリークされたことも大きな問題だ」と指摘した。

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードも、カーHCと同じ考えなのかもしれない。

リラードは今回の問題を受け、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

残念なことだ。

チームメイトたちと長い時間を過ごしていると、ポジティブでありたいと思うし、リスペクトをもって接したいと思う。

だが、僕のキャリアを通してヒートアップした瞬間がなかったと言えば嘘になる。

何度もあった。

どのロッカールームでも同じようなことがあるはずだ。

見たくはないけれどね。

密室で起こったことは内部に留めるべきだと思う。

適切に対処しなければならない。

だから、映像が流出したことが間違っているんじゃないかな。

ボクシングのファンなら、「ボクシングでは常に自分の身は自分で守らなければならない」と言うと思う。

僕がよく知っているドレイモンドなら、「チームメイトにあんなことをすべきではなかった」と言ってその場を去るだろう。

ジョーダン・プールなら、「誰かを突き飛ばしたらやり返されるかもしれない。それを知るべきだ」と思ってその場を去るだろう。

そういうことだ。

皆は「NBA選手は清廉潔白」と思っているんじゃないかな。

だから、誰かが何かをしたら、世界の終わりのような状況になる。

残念だ。

だが、2人の大人の男が言い合い、片方がもう片方を突き飛ばしたら、何かが起こってしまう可能性がある。

そう想定しておかなければならない。

僕はそう見ているんだ。

近年ではインターネットが発達したことにより、多くの情報がリークされるようになった。

だが、リークされないことも多くあり、多くの問題はチーム内で解決しているのだろう。

公になってしまったこの問題をウォリアーズがどう解決するのか注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA