【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビールがポイントガードに転向?

ブラッドリー・ビールがポイントガードに転向?

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは先日、NBA2022-23シーズンの去就について「決まっている」としつつも、詳細については明かさなかった。

だが、少なくとも来季もウィザーズのユニフォームを着てNBAプレイオフ進出を目指すだろう。

ビールはそのためにポジションを転向するかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ウィザーズのゼネラルマネージャーを務めるトミー・シェパードは先日、ビールとマックス契約を結ぶことに何のためらいもないとしたうえで、次のように語ったという。

彼はNBAに来てからディフェンスが向上し、より多才な選手になった。

バックコートのどちらのポジションもこなせる。

我々はブラッドリー・ビールをポイントガードとしてプレイさせることに問題を感じていない。

ウィザーズには信頼できるポイントガードがいない。

そのため今年のNBAドラフトやFA市場、トレード市場でポイントガードの獲得を狙うと見られているが、ビールをポイントガードのポジションでプレイさせるならスコアリング能力のある選手獲得に動くだろう。

ポイントガードのポジションに転向して成功を収めたジェイムス・ハーデンのように、ビールがNBA屈指のプレイメイカーとしてプレイするのを楽しみにしたいところだ。

なお、ビールの2021-22シーズンとNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数40645
平均出場時間36.034.8
平均得点23.222.1
平均リバウンド4.74.1
平均アシスト6.6
(キャリアハイ)
4.2
平均スティール0.9
(キャリアワーストタイ)
1.1
平均ターンオーバー3.42.4
FG成功率45.1%45.6%
3P成功率30.0%
(キャリアワースト)
37.2%
フリースロー成功率83.3%82.1%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ハーデンになれないのはもう今シーズンで分かったべ
    ビールにはスコアリングに専念してもらってピュアPGをどっかから捻出するしかない
    MAX契約はしょうがないとしてもビールにハンドルとかゲームメイクまでやらせるのは無理や

*

CAPTCHA