【スポンサーリンク】

カイリー・アービングが相棒ケビン・デュラントの負傷退場を受け「起きてしまったことを嘆いても仕方がない」

カイリー・アービングが相棒ケビン・デュラントの負傷退場を受け「起きてしまったことを嘆いても仕方がない」

ブルックリン・ネッツは現地8日、マイアミ・ヒートを接戦の末に下し、今季の成績を27勝13敗とした。

だが、NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントが膝を負傷し、途中退場。

デュラントは怪我の詳細を確認するために検査を受ける予定だというが、もし長期離脱を余儀なくされる場合、好調ネッツにとって大打撃となるだろう。

だが、アービングはリーダーとして前を向いているようだ。

アービングはデュラントの長期離脱の可能性について質問されると、次のように答えたという。clutchpoints.comが伝えている。

起きてしまったことを嘆いても仕方がない。

彼が離脱しようがしまいが、今の僕たちにできるのは前に進むことだけだ。

僕たちに言い訳をしている暇はない。

ただ前に進まなければならない。

デュラントは怪我した後も自力で歩けたため、大きな怪我ではないと期待されている。

だが、デュラントには怪我の歴史があるだけに、検査の結果を待ちたいところだ。

なお、デュラントの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数39978
平均出場時間36.036.7
平均得点29.727.3
平均リバウンド6.77.1
平均アシスト5.34.3
平均スティール0.81.1
平均ブロックショット1.51.1
平均ターンオーバー3.53.2
FG成功率55.9%
(キャリアハイ)
49.8%
3P成功率37.6%38.4%
フリースロー成功率93.4%
(キャリアハイ)
88.6%

【スポンサーリンク】

コメントを残す