【スポンサーリンク】

アンドリュー・ウィギンス「言葉では言い表せない気分」

アンドリュー・ウィギンス「言葉では言い表せない気分」

2014年のNBAドラフト1位でクリーブランド・キャバリアーズに指名され、その後のトレードでミネソタ・ティンバーウルブズに移籍したアンドリュー・ウィギンスは、NBAキャリアを通して十分なパフォーマンスを見せることができずにいた。

ウルブズ時代には一貫して成長することができず、批判を浴びることも少なくなかったウィギンス。

だが、ゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍して以降は素晴らしいパフォーマンスを見せ、今季のNBAタイトル獲得に貢献。

ウィギンスによると、周囲の人々が間違っていることをただ証明したかったという。ウィギンスのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

言葉では言い表せない気分だ。

あのことを毎日モチベーションにしている。

僕に火をつけている。

僕はただ皆が間違っていることを証明したかった。

今、僕はワールドチャンピオンだ。

それでも何か言う人はいるだろう。

彼らが何と言おうと、彼らは僕がワールドチャンピオンだと言わなければならなくなったんだ。

ウィギンスは今季、キャリア初となるNBAオールスター選出を果たした。

ウィギンスのNBAオールスター選出には賛否両論あったものの、少なくともウォリアーズのNBAタイトル奪還に不可欠なピースだったことは間違いないだろう。

ウィギンスはNBA連覇を目標とし、さらなるパフォーマンスを見せてくれるに違いない。

なお、ウィギンスの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数7322
平均出場時間31.934.9
平均得点17.216.5
平均リバウンド4.57.5
平均アシスト2.21.8
平均スティール1.01.0
平均ブロックショット0.71.0
平均ターンオーバー1.51.4
FG成功率46.6%46.9%
3P成功率39.3%
(キャリアハイ)
33.3%
フリースロー成功率63.4%
(キャリアワースト)
64.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA