【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビスがケンタッキー州の洪水被害救済のために35万ドル寄付

アンソニー・デイビスがケンタッキー州の洪水被害救済のために35万ドル寄付

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、ケンタッキー大学で1年を過ごした後にNBA入りした。

ケンタッキー大学で過ごした時間は決して長くなかったものの、デイビスにとってNBA入りにつながったケンタッキー州とケンタッキー大学は大切な場所なのだろう。

lakersnation.comによると、デイビスが未曾有の洪水被害に見舞われたケンタッキーの人々を救うために35万ドルを寄付したことを、ケンタッキー大学のヘッドコーチを務めるジョン・カリパリが明かしたという。

今回の洪水により少なくとも35人が死亡し、多くの人々が行方不明になっているというが、デイビスはケンタッキーの人々が苦しんでいる事実に心を痛めていることだろう。

ここ2年のデイビスは長期離脱を強いられる怪我に苦しんでいる。

現在は完治し、来季に向けてトレーニングに励んでいるというが、来季はケンタッキーの人々に勇気を与えるパフォーマンスを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA