【スポンサーリンク】

シャキール・オニールがレブロン・ジェイムスの主張に反論?

シャキール・オニールがレブロン・ジェイムスの主張に反論?

今季のNBAでは、主力選手たちの負傷離脱が多く見られた。

NBAプレイオフでも多くのスター選手が負傷離脱、もしくは痛みを抱えながらプレイした。

このような状況を受け、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、「オフシーズンが短すぎた」、「休養の時間がほとんどなかった」などとNBAの対応を批判。

一方、NBAレジェンドのシャキール・オニールは、ジェイムスと異なる考えを持っているようだ。

オニールは先日、ジェイムスの主張を受けて以下のように反論したという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕が4000万人もの人々が解雇されている世界に生き、2億ドルを稼いでいるなら、僕は文句を言わない。

僕は毎日毎日毎日毎日プレイするだろう。

誰かが言ったことを批判しているわけではないよ。

だが、僕個人としては、文句を言ったり言い訳したりしない。

なぜなら、多くの人々が磨り減りながら働いている一方で、僕たちは1日2時間トレーニングし、夜に試合をこなし、それでたくさんの金を稼ぐからね。

オニールは一般企業で働く多くの人々とNBA選手を比較したのだろうが、NBA選手などアスリートは身体が資本であり、怪我によって仕事を失ってしまうリスクがある。

また、NBAスターが怪我でプレイできなければ、高いチケットを購入し、ワクワクしながら会場を訪れたNBAファンを落胆させてしまうだろう。

いずれにせよ、来季はNBA選手たちが健康を維持し、最高のパフォーマンスを見せられるよう願いたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA