【スポンサーリンク】

ドック・リバースHCがベン・シモンズの低いショットアテンプト数について「気にしていない」

ドック・リバースHCがベン・シモンズの低いショットアテンプト数について「気にしていない」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのヘッドコーチに就任したドック・リバースHCはNBA2020-21シーズン開幕前、ベン・シモンズの3Pショットについて「撃っても撃たなくても問題ない」とした。

シモンズは3Pショットを苦手としており、NBAキャリア3年の3Pアテンプト数はわずか24本。

今季はまだ1本も放っていないが、それ以上に問題とされているのがFGアテンプト数の少なさだ。

今季4試合を終えた時点で、シモンズの1試合平均FGアテンプト数は10本。

この数字はキャリアワーストだという。

だが、リバースHCは気にしていないようだ。

リバースHCはシモンズのFGアテンプトについて次のようにコメント。cbssports.comが伝えている。

私は気にしていない。

ベンには素晴らしいディフェンス、我々のチームを牽引する働き、勝利への貢献を臨んでいる。

私は勝ちたい。

誓おう。

昔、誰かが私にこう教えてくれたんだ。

「ゲームに勝ち続ければ、誰がスコアリングしても気にする必要はない」とね。

(トロント・ラプターズ戦での)ベンは大きなショットを何本かミスした。

もし2本か3本をレイアップに変更し、フリースローをもらっていれば、うまくいっただろう。

我々は良いオフェンスを展開した。

ただ、我々はショットを決めることができなかった。

文字通り、我々のシューターたちがね。

私が気になっているのはそれだけだ。

一方、ベテランシューターのダニー・グリーンはシモンズのアウトサイドショットについて「メンタルの問題だけ」とし、1試合で数本は放つよう進言している。

とはいえ、今季のシクサーズにはグリーンやセス・カリーといったNBA屈指のアウトサイドシューターがいるため、シモンズは安心して自身のプレイに専念することができるだろう。

なお、シモンズの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数4221
平均出場時間32.834.3
平均得点14.316.3
平均リバウンド9.38.3
平均アシスト6.07.9
平均スティール1.51.7
平均ブロックショット2.00.8
平均ターンオーバー4.03.5
FG成功率50.0%
(20/40)
55.9%
3P成功率8.3%
フリースロー成功率58.6%
(17/29)
59.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA