【スポンサーリンク】

ルカ・ドンチッチが不調を乗り越えるべく試合後に居残りシューティング

ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、今季のMVP最有力候補に挙がっているひとりだ。

ドンチッチを中心とするマブスにはNBAタイトル獲得の期待もかかっており、最もホットなNBAチームのひとつ言っても良いだろう。

だが、今季4試合を終えた時点で1勝3敗と、スタートダッシュに失敗。

その大きな要因のひとつが、ドンチッチに不調だ。

今季のドンチッチは平均23.8得点を記録しているものの、3P成功率はわずか9.5%。

マブスを勝利に導くことができていないことに責任を感じているのが、clutchpoints.comによると、ドンチッチは現地30日のシャーロット・ホーネッツ戦終了後に居残りでシュート練習に取り組んだという。

ドンチッチはホーネッツ戦でFG10本中4本、3Pは5本すべてミスと、ショットタッチを取り戻すことができなかった。

クリスタプス・ポルジンギスの復帰が待たれるところだが、ドンチッチとしてはそれまでに調子を上げ、万全の状態でポルジンギスを迎え入れたいところだろう。

この居残り練習が実を結び、調子を取り戻すことを祈りたい。

なお、ドンチッチの今季4試合のスタッツは以下の通りとなっている。

PHX戦LAL戦LAC戦CHA戦
出場時間35:5734:0825:5524:04
得点32272412
リバウンド8492
アシスト5785
スティール0012
ターンオーバー1323
FG成功率42.3
(11/26)
47.4
(9/19)
44.4
(8/18)
40.0
(4/10)
3P成功率0
(0/6)
40.0
(2/5)
0
(0/5)
0
(0/5)
フリースロー成功率83.3
(10/12)
87.5
(7/8)
88.9
(8/9)
57.1
(4/7)
+/--9-14+29-27

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA