【スポンサーリンク】

テイレン・ホートン・タッカー「ターンオーバーのほうが気になった」

テイレン・ホートン・タッカー「ターンオーバーのほうが気になった」

NBAキャリア2年目のテイレン・ホートン・タッカーは、現地11日に行われたニューヨーク・ニックス戦でロサンゼルス・レイカーズを勝利に導くパフォーマンスを見せた。

試合終了間際にはデリック・ローズをかわして逆転3ポイントを決めるなど、レイカーズがオーバータイムであげた10得点のうち8得点をひとりで記録したホートン・タッカー。

だが、試合を通して好調というわけではなかった。

この日のホートン・タッカーはターンオーバーを連発し、ひとりで7ターンオーバーを犯してしまったのだ。

ホートン・タッカーによると、決勝3ポイントの直前に犯してしまったターンオーバーが気になっていたという。ホートン・タッカーのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

ターンオーバーのほうが気になった。

正直に話すと、僕はそれを取り戻そうとしていたんだ。

それをやるべき位置にいたし、そのチャンスが巡ってきた。

自信を持ち続けたら、良いことが起こったんだ。

ホートン・タッカーは常にアグレッシブにリムを攻めるタイプの選手であり、そういう選手にはターンオーバーがつきものだ。

これからもターンオーバーを恐れることなくアグレッシブにプレイし続け、レイカーズのキープレイヤーになってもらいたい。

なお、ホートン・タッカーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数6268
平均出場時間19.819.3
平均得点8.88.5
平均リバウンド2.72.5
平均アシスト2.72.6
平均スティール1.01.0
平均ターンオーバー1.61.6
FG成功率45.5%45.5%
3P成功率27.4%27.7%
フリースロー成功率79.1%78.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA