【スポンサーリンク】

ケンテイビアス・コールドウェル・ポープが第1戦の不調について「昼過ぎの試合だったから」

ケンテイビアス・コールドウェル・ポープが第1戦の不調について「昼過ぎの試合だったから」

NBA連覇の期待がかかっているロサンゼルス・レイカーズは、フェニックス・サンズとのファーストラウンド第1戦で十分なパフォーマンスを見せることができなかった。

今季NBAキャリアハイとなる3P成功率41.0%を記録しているケンテイビアス・コールドウェル・ポープもリズムを掴むことができず、ファーストラウンド第1戦は3P成功率14.3%(1/7)にとどまった。

チーム全体としても低調なパフォーマンスに終わったレイカーズだが、コールドウェル・ポープによると、試合が行われた時間帯が問題だったという。コールドウェル・ポープのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

昼過ぎのゲームだった。

選手たちは起きたばかりだった。

エネルギーがなかったように感じている。

準備して臨まなければならないね。

そう話すコールドウェル・ポープだが、起床時間についてはサンズも同じだ。

また、ロサンゼルスとフェニックスは約2時間の距離であり、時差もないため、コールドウェル・ポープの説明は単なる言い訳と捉えられてしまうかもしれない。

現地25日のシリーズ第2戦はナイトゲームであるため、レイカーズはエネルギッシュなパフォーマンスを見せてくれるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA