【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスが鬼の形相で「シュートを撃て」

レブロン・ジェイムスが鬼の形相で「シュートを撃て」

昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのケンテイビアス・コールドウェル・ポープは、NBAトップクラスの3Pシューターのひとりだ。

今季はNBAキャリアベストとなる3P成功率41.0%を記録し、レイカーズのアウトサイドを牽引しているコールドウェル・ポープ。

だが、NBAプレイオフに入ると調子を急激に落とし、ファーストラウンド第1戦では3P成功率14.3%(1/7)に終わった。

コールドウェル・ポープは自信を失ってしまったのか、第2戦ではシュートを撃てる状況であるにもかかわらずためらってしまったシーンが何度か見られた。

だが、昨季ファイナルMVPのレブロン・ジェイムスはそういった姿勢を受け入れない。

fadeawayworld.netによると、ジェイムスはタイムアウトがコールされるとコールドウェル・ポープに鬼の形相で迫り、「シュートを撃て」、「何があってもやり続けるんだ」と叱咤激励したという。

試合を有利に進め、NBA連覇を狙うためには、コールドウェル・ポープの復調が欠かせない。

ジェイムスの叱咤激励を受けたコールドウェル・ポープはシリーズ第3戦でリズムを取り戻すことができるだろうか?

なお、コールドウェル・ポープのファーストラウンド第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間34:5630:35
得点70
リバウンド24
アシスト21
スティール11
ターンオーバー00
FG成功率22.2%
(2/9)
0%
(0/4)
3P成功率14.3%
(1/7)
0%
(0/4)
フリースロー成功率100%
(2/2)
+/--9+19

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA