【スポンサーリンク】

アンドレ・ドラモンド「求められていることがこれまでと違う」

アンドレ・ドラモンド「求められていることがこれまでと違う」

ロサンゼルス・レイカーズのアンドレ・ドラモンドは、デトロイト・ピストンズ時代とクリーブランド・キャバリアーズ時代はファーストオプションのひとりとしてプレイしていた。

だが、NBA連覇を目指すレイカーズでは主にディフェンスとリバウンドの役割を担っており、ファーストオプションとしては見られていない。

ドラモンドによると、今はその環境に適応しようとしているところだという。

ドラモンドは自身の役割について次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

ここでの僕の役割は、これまで所属してきたチームとは明らかに大きく異なる。

クリーブランドとデトロイトにいた時、彼らは僕のことをスコアリングやその他すべてのことのファーストオプションとして見ていたんだ。

僕はこのチームのオフェンスとディフェンスを良くするためにいる。

彼らが求めることなら何でもやろうとしている。

すごくうまく適応していると思うよ。

時間がかかるだろうが、毎日毎日理解しようとしているところなんだ。

アンソニー・デイビスとレブロン・ジェイムスが復帰した時、ドラモンドの役割はさらに限定的になるだろう。

だが、レイカーズを支え、NBAタイトル獲得に貢献することができれば、ドラモンドの評価はこれまで以上に高まるに違いない。

4度のリバウンド王を誇るドラモンドとしては、レイカーズをNBAチャンピオンに導くとともに、NBAキャリアをステップアップさせたいところだ。

なお、ドラモンドのレイカーズ移籍後とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

レイカーズ移籍後NBAキャリア
出場試合数7631
平均出場時間24.630.9
平均得点11.614.6
平均リバウンド8.913.8
平均アシスト1.91.4
平均スティール1.61.4
平均ブロックショット0.61.5
平均ターンオーバー2.72.0
FG成功率46.3%53.7%
フリースロー成功率65.5%46.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA