【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「ずっと部屋に閉じこもっていた」

アンソニー・デイビス「ずっと部屋に閉じこもっていた」

昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、フェニックス・サンズとのファーストラウンド第1戦でわずか13得点に終わった。

だが、第2戦では34得点、10リバウンド、7アシスト、3ブロックショットと圧倒的なパフォーマンスを見せ、レイカーズの勝利に貢献。

では、なぜデイビスは自身のフォームをすぐに取り戻すことができたのだろうか?

デイビスによると、第2戦に向けて部屋に閉じこもり、音楽を聞きながら集中力を高めていたという。デイビスのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

すっと自分の部屋に閉じこもっていた。

小さな中庭があるから、そこで音楽を聴き、第2戦に向けて集中していた。

第1戦のようなパフォーマンスは二度とやったらダメだと思いながらね。

ブロン(レブロン・ジェイムス)とは長く一緒に過ごしてきたから、彼は僕のことを分かっている。

彼とはほとんど話をしなかった。

僕がそういう状態にある時、僕と僕たちのチームにとって良い夜になることを彼は分かっているんだ。

集中し続けなければならない。

連覇は簡単ではない。

このチームを倒すのはチャレンジになるだろう。

チームを連覇に導くためにも、僕は今夜(第2戦)かそれ以上のプレイをしなければならない。

第1戦のようなプレイをしていてはダメだ。

第1戦のプレイを映像で確認した。

ディアンドレ(・エイトン)とジェイ(・クラウダー)が僕に対してどうディフェンスしているのかチェックし、効果的にプレイできる方法を見つけ、チームを勝利に導きたかったんだ。

デイビスが第2戦のパフォーマンスを維持することができれば、サンズに大きな問題をもたらすことができるだろう。

ホームで行われる第3戦と第4戦では第2戦もしくはそれ以上のパフォーマンスでレイカーズを牽引し、連覇に向けて勢いをもたらしてもらいたいところだ。

なお、デイビスのファーストラウンド第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間38:4839:58
得点1334
リバウンド710
アシスト27
スティール01
ブロックショット33
ターンオーバー01
FG成功率31.3%
(5/16)
46.7%
(7/15)
3P成功率0%
(0/2)
50.0%
(2/4)
フリースロー成功率60.0%
(3/5)
85.7%
(18/21)
+/--18+6

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA