【スポンサーリンク】

ホーネッツがトレードで獲得を狙うビッグマンとは?

ホーネッツがトレードで獲得を狙うビッグマンとは?

NBAプレイオフ進出を狙うシャーロット・ホーネッツは、現地25日のトレード期限までにビッグマン獲得に動くと見られている。

ラメロ・ボールが怪我の影響で今季全休の見込みとなってしまったが、ホーネッツのガードポジションとフォワードポジションの層は厚い。

5番のポジションを補強することができれば、NBAプレイオフ進出の可能性は高まるだろう。

では、キングスホーネッツがトレードで獲得しようとしているビッグマンは誰なのだろうか?

hoopsrumors.comによると、キングスホーネッツはロサンゼルス・レイカーズのモントレズ・ハレル、インディアナ・ペイサーズのマイルズ・ターナー、メンフィス・グリズリーズのゴーギー・ジェンを獲得リストに加えているという。

すでにレイカーズに接触し、ハレルのトレードについて問い合わせたというが、レイカーズはおそらくトレードに応じないだろう。

ホーネッツが最も求めているのはターナーと報じられているものの、NBA屈指のショットブロッカーであるターナーには多くのチームが関心を持っており、相当な資産の放出を強いられると予想される。

果たしてホーネッツはどのビッグマンを獲得するのだろうか?

なお、今年夏に制限付きFAになるデボンテ・グラハムにトレードの噂が浮上しているが、ホーネッツはグラハムを重要な一員とみなし、トレードで放出することは考えておらず、またいかなるオファーにもマッチすると報じられている。

以下、ハレル、ターナー、ジェンの今季のスタッツだ。

M・ハレルM・ターナーG・ジェン
出場試合数433922
平均出場時間24.830.816.9
平均得点14.713.27.9
平均リバウンド6.66.54.5
平均アシスト1.11.01.3
平均スティール0.70.9
(キャリアハイタイ)
0.8
平均ブロックショット0.83.4
(キャリアハイ)
0.6
平均ターンオーバー1.11.41.0
FG成功率64.1%48.5%51.9%
3P成功率0%32.9%47.9%
(キャリアハイ)
フリースロー成功率72.5%
(キャリアハイ)
78.4%88.4%
(キャリアハイ)

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ホーネッツなのかキングスなのか

*

CAPTCHA