【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「僕の息子はステフィン・カリーのリバウンドに入るのが好き」

ドレイモンド・グリーン「僕の息子はステフィン・カリーのリバウンドに入るのが好き」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBA史上最も偉大なシューターのひとりだ。

今季はすでに266本もの3ポイントシュートを成功させ、NBAファンを魅了しているカリー。

多くのNBAファンと同じように、ドレイモンド・グリーンの息子もカリーのファンなのかもしれない。

ただし、異なる意味でのファンなのかもしれないが。

グリーンによると、彼の息子は父グリーンのリバウンドよりカリーのリバウンドに入りたがるという。グリーンのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

息子を体育館に連れてくると、彼はステフのリバウンドに入りたがる。

分かるよ。

僕のリバウンドに入るより、ステフのリバウンドに入るほうが疲れないからね。

僕は彼に「君は賢い子だ」といつも言っているんだ。

誰かがシュート練習していたある日、息子に質問してみたんだ。

「助けに行きたい?」とね。

彼は「行かない。僕はステフを助けに行きたいんだ!」と答えたから、僕は「分かった。行っておいで。君は賢い子だ」と言ってやったよ。

彼は走ったりしたくないんだろうね。

ステフのシュート練習なら、リングの下でボールが来るのをただ待っていればいいんだ。

本当に賢い子さ。

カリーはNBA史上最も偉大なシューターである一方で、グリーンはシュートを得意としていない。

無駄な労力を費やすことを嫌うグリーンの息子は、これからも父グリーンではなくカリーのリバウンドに入り続けることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA