【スポンサーリンク】

ラシード・ウォーレス「カイリー・アービングとジェイムス・ハーデンはフィットしない」

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンは先日、トレードを要求したと報じられた。

ハーデンが望んでいるとされるのは、カイリー・アービングとケビン・デュラント擁するブルックリン・ネッツへのトレードだ。

もしトレードが実現した場合、ネッツはアービング、デュラント、そしてハーデンというNBA屈指のスコアリング能力を誇るスーパースターが3人も揃うことになる。

だが、元NBAプレイヤーのラシード・ウォーレスによると、アービングとハーデンはオフェンス面でフィットしないという。ウォーレスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼らが機能するとは私は思わない。

彼らを見てみてくれ。

我々全員が知っていることだが、ジェイムス・ハーデンはスコアリングマシーンだ。

だが、彼はボールを持ちたがる。

効果的になるために、彼はボールを持たなければならない。

彼が3Pを撃つためにコーナーで待っている姿は久しく見ていないよね。

カイリーも同様であり、ポイントガードであるカイリーはジェイムス・ハーデンより皆のオフェンスを少し促進してくれるかな。

しかし、彼らがコートで機能するかは分からない。

なぜなら、彼らは効果的になるためにあまりにも多くボールを持たなければならないからね。

アービングとハーデンがボールを持つなら、デュラントがボールを持つ機会は当然減少するだろう。

スコアリングを量産するならデュラントにボールを持たせるのが最善の選択と思われるが、その機会が減少するのはネッツのオフェンスの停滞につながってしまうかもしれない。

とはいえ、ロケッツがアービングもしくはデュラントとのトレードを求める限り、彼らがビッグ3を結成することはなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA