【スポンサーリンク】

デマーカス・カズンズが不平不満のジェイムス・ハーデンを厳しく批判?

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンは、昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズとの2連戦いずれも大敗した後、ロケッツについて「状況が好転するとは思えない」と諦めのような言葉を放った。

その後、オフシーズン中のトレードでロケッツに加わったジョン・ウォールは、「まだ9試合しか終えていないのに、そのようなことを考えるなんてできない。9試合を終えただけで崖から飛び降りるのか?」と反応。

さらに、元NBAオールスターのデマーカス・カズンズもハーデンに対する不快感をあらわにしたようだ。

カズンズはハーデンの不平不満の発言を受け、以下のように厳しく指摘したという。fadeawayworld.netが伝えている。

軽視はあらゆるインタビューの前から始まっていた。

トレーニングキャンプへのアプローチ、彼が現れた時の姿、オフ・ザ・コートでのふざけた言動。

つまり、軽視は以前から始まっていた。

だから、これは昨夜突然起こったことではないんだ。

ロッカールームにいる他の男たちにとっては、まったくアンフェアなことだよね。

この翌日、ロケッツはハーデンをトレードで放出した。

ウォールとカズンズの発言を聞く限り、ロケッツのロッカールームの状況はもはや限界に達していたのだろう。

今季のロケッツ対ブルックリン・ネッツ戦は、さまざまな感情が入り乱れる激しい戦いとなりそうだ。

なお、ロケッツとネッツは現地3月3日に対戦する予定となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA