【スポンサーリンク】

NBA連覇を目指すレブロン・ジェイムス「僕はポイントガードではない」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは昨季、ポイントガードのポジションでチームを牽引し、フランチャイズを10年ぶりとなるNBAチャンピオンに導いた。

このオフシーズンにポイントガードのデニス・シュルーダーが加わったことにより、ジェイムスは本来のフォワードのポジションでプレイする機会が増えると思われるが、ジェイムスによると、彼にポジションはないという。

ジェイムスは自身のポジションについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕はポイントガードではない。

シューティングガードでもなく、スモールフォワードでもなく、パワーフォワードでもなく、センターでもない。

僕はボールプレイヤーさ。

何であれ、ただ勝利を求めるだけ。

僕にとってはそれがすべてなんだ。

今月末に36歳になるジェイムスは、オールラウンダーとして年々成長している。

1番から5番すべてのポジションをこなせるジェイムスの存在は、相手チームにとって脅威でしかないだろう。

NBA連覇へ向け、新シーズンもオールラウンドなパフォーマンスでレイカーズを牽引してもらいたい。

なお、ジェイムスの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数671265
平均出場時間34.638.4
平均得点25.327.1
平均リバウンド7.87.4
平均アシスト10.2
(キャリアハイ)
7.4
平均スティール1.21.6
平均ターンオーバー3.93.5
FG成功率49.3%50.4%
3P成功率34.8%34.4%
フリースロー成功率69.3%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA