【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントがNBA入りまでのルートについて「金を稼ぎたいかどうかだけの決断」

今年のNBAドラフト3位でシャーロット・ホーネッツに入団したラメロ・ボールは、プレイメイカーとして高いポテンシャルを秘めていることを感じさせている。

昨季をオーストラリアリーグのチームで過ごし、先にプロとして経験を積んでいたボールだが、近年では大学進学を避け、海外で経験を積んでからNBAドラフトにエントリーする選手も少なくない。

これについてNBAを代表するスーパースターのケビン・デュラントが言及した模様。

デュラントによると、海外と大学それぞれにメリットがあるという。デュラントのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

正直に話すと、どちらが良いとかの問題ではない。

ただ金を稼ぎたいか、そうではないかという決断だ。

どのチームでプレイしても最高の選手になるだろうし、NBA入りを1年間待つだけさ。

だから僕はどちらのルートもクールだと思っている。

ラメロが大学で1年間プレイしていたら、アメリカ全土において素晴らしいプレイヤーになっていただろう。

そうすれば明らかに大金を稼いでいただろうし、もっと注目を集めていただろうね。

ただ、海外でプロになり、早くからゲームを学ぶことは間違いなく有益だ。

同期より少し成熟してNBAに入ることができる。

それも役に立つんじゃないかな。

海外でプロとしてプレイしたボールには、NBAを代表するスーパースターへの成長が期待されている。

もしボールがスーパースターに成長すれば、NBAデビュー前に海外で経験を積む選手が増えることになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA