【スポンサーリンク】

ホークスにトレードのルー・ウィリアムス「引退を考えた」

ホークスにトレードのルー・ウィリアムス「引退を考えた」

ベテランガードのルー・ウィリアムスは、現地25日のトレードでロサンゼルス・クリッパーズからアトランタ・ホークスに移籍した。

ウィリアムスはトレードの噂が出ていた当時、「トレードされたらNBAを引退する」としていたため、ホークスへのトレードにより現役引退するのではという憶測があったが、ウィリアムスは自身に向き合い、引退について真剣に考えたという。

ウィリアムスは自身について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

昨日は引退について考えた。

真のクリッパーネーションの流儀の中で、僕は自分の才能に気付き、自分の貢献が高く評価されていたことに気付いた。

これからどうするか考えさせられた。

僕のタンクにはまだたくさん残ってる。

僕のホームでキャリアを続けることができて光栄だ。

クリッパーズはウィリアムスをロスターに残したかったものの、ベテランポイントガードのラジョン・ロンドを獲得するにあたり、サラリーの関係でやむを得ずウィリアムスをトレードで放出したという。

ウィリアムスがホークスのユニフォームを着てプレイするのは、長いNBAキャリアを通して2度目となる。

ホークスはセカンドユニットの得点力不足が課題のひとつだった。

だが、NBA屈指のスコアラーであるウィリアムスを獲得したことで、セカンドユニットのスコアリングは確実に強化されるだろう。

なお、ホークスはロンドをトレードで放出したことによりバックアップポイントガード不足の問題にさらされるが、ウィリアムスとボグダン・ボグダノビッチがボールハンドラーの役割を務めると予想されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA