【スポンサーリンク】

チャニング・フライ「今のNBAチームは全盛期のウォリアーズに勝てない」

チャニング・フライ「今のNBAチームは全盛期のウォリアーズに勝てない」

数年前のゴールデンステイト・ウォリアーズは、NBA史に残るほど圧倒的な強さを誇っていた。

特にステフィン・カリー、ケビン・デュラント、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンを中心とした時代は他を寄せ付けない強さを見せ、NBA連覇を達成。

2019年のNBAファイナルではデュラントとトンプソンが負傷離脱し、スリーピートはならなかったものの、ウォリアーズが残した実績は間違いなくNBA史に刻まれた。

では、もし当時のウォリアーズと今のロサンゼルス・レイカーズやブルックリン・ネッツなどのNBAタイトルコンテンダーが対戦したら、どのような結果になるのだろうか?

元NBAプレイヤーのチャニング・フライによると、全盛期のウォリアーズに敵うチームは今のNBAにはないという。フライのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

KDとステフ率いるウォリアーズに勝てるNBAチームは間違いなくない。

3人の男はどのクオーターでもチームに30点をもたらすことができた。

KDがダブルチームを仕掛けられたとしても、NBA史上最高のシューター2人がオープンになる。

ステフがダブルチームを仕掛けられたとしても、ケビン・デュラントの1on1がある。

今のNBAチームが当時のウォリアーズに勝てるなんて、皆酔っ払っているのか?

彼らはものすごく速く、ディフェンスもものすごく良かった。

ベンチも優れていて、フィジカルだったし、ディフェンスの時はスイッチ、スイッチ、スイッチだ。

彼らにはあまりにもたくさんのものが備わっていた。

優れたスキルに優れた頭脳。

彼らはひとつ上の次元にいたんだ。

ウォリアーズはNBAレジェンドであるマイケル・ジョーダン時代のシカゴ・ブルズのようにスリーピートを達成することはできなかった。

だが、デュラント入団前を含めると5年連続でNBAファイナルに進出し、うち3度チャンピオンに輝いた。

当時のウォリアーズほどピースが揃い、NBAを支配するチームは今後現れるのだろうか?

なお、当時のウォリアーズの成績は以下の通りとなっている。

シーズン勝敗勝率NBAプレイオフ
2014-1567-1581.7%NBAチャンピオン
(キャブスに4勝2敗で勝利)
2015-1673-989.0%NBAファイナル敗退
(キャブスに3勝4敗で敗戦)
2016-1767-1581.7%NBAチャンピオン
(キャブスに4勝1敗で勝利)
2017-1858-2470.7%NBAチャンピオン
(キャブスに4勝0敗で勝利)
2018-1957-2569.5%NBAファイナル敗退
(ラプターに2勝4敗で敗戦)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA