【スポンサーリンク】

アンドリュー・ウィギンスがトレーニングで筋肉増量に成功

昨季中のトレードでミネソタ・ティンバーウルブズからゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍したアンドリュー・ウィギンスには、重要な一員としてチームを牽引する働きが期待されている。

2014年のNBAドラフト1位でNBA入りしたものの、なかなかブレイクアウトできずにいるウィギンスだが、自身への高まる期待をひしひしと感じているのかもしれない。

ウィギンスによると、オフシーズン中のトレーニングで筋肉増量に成功したという。ウィギンスのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

https://twitter.com/TheNBACentral/status/1334290360672137216

筋肉が数ポンド増えた。

確実に強くなり、速くなったと感じている。

シーズンに向け、これまでで最高の気分さ。

クレイ・トンプソンがアキレス腱断裂でシーズンを全休するため、ウィギンスはより大きな役割を担わなければならないだろう。

チームメイトのドレイモンド・グリーンもウィギンスに大きな期待を寄せているというが、鍛え抜いた肉体でウォリアーズを牽引してもらいたい。

なお、ウィギンスの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数54454
平均出場時間34.435.8
平均得点21.819.7
平均リバウンド5.1
(キャリアハイ)
4.4
平均アシスト3.7
(キャリアハイ)
2.3
平均スティール0.8
(キャリアワースト)
1.0
平均ターンオーバー2.42.1
FG成功率44.7%44.1%
3P成功率33.2%33.2%
フリースロー成功率70.9%73.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA