【スポンサーリンク】

ウルブズがPJ・タッカーのトレード獲得目的でロケッツに接触?

ウルブズがPJ・タッカーのトレード獲得目的でロケッツに接触?

ヒューストン・ロケッツのベテランフォワード、PJ・タッカーには、トレードの噂が浮上している。

タッカーには複数のNBAチームが関心を示し、各チームともタッカーの状況をモニターしているというが、NBAプレイオフ復帰を目指すミネソタ・ティンバーウルブズが動き始める模様。

RealGMによると、ウルブズは昨年のNBAドラフト以降タッカーの状況をモニターしており、ロケッツとトレード交渉を再開する見込みだという。

タッカーは2年前のオフシーズン中からロケッツとの延長契約を希望し、「どうなるか見てみよう」と語っていた。

だが、ロケッツは35歳のタッカーに2年連続で延長契約をオファーしなかったため、タッカーはロケッツのフロントオフィスに不信感を持っていると噂されている。

ウルブズはイースタン・カンファレンスにおいて平均失点でワースト、3P成功率でワースト4位にとどまっており、NBAプレイオフ復帰のためにはディフェンスとアウトサイドショットの改善が不可欠。

ディフェンスとアウトサイドショットに定評あるタッカーを獲得できれば、それらの問題解決につながるだろう。

なお、ロケッツはタッカーのトレードでNBAドラフト2巡目指名権3つ獲得を希望していると報じられている。

タッカーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数10664
平均出場時間31.929.4
平均得点6.07.3
平均リバウンド4.65.8
平均アシスト1.41.4
平均スティール1.21.2
平均ターンオーバー1.31.0
FG成功率52.6%42.2%
3P成功率55.6%36.3%
フリースロー成功率71.4%74.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA