【スポンサーリンク】

ポール・ジョージ「リベンジの心を持って臨んでいる」

ポール・ジョージ「リベンジの心を持って臨んでいる」

ロサンゼルス・クリッパーズ移籍後2年目を迎えているポール・ジョージは今季、NBAキャリアベストのFG成功率と3P成功率を記録している。

昨季のNBAプレイオフではショットタッチを乱し、”プレイオフP”の名に似つかわしくないパフォーマンスを見せてしまったジョージ。

精彩を欠いたジョージには容赦ない批判が寄せられ、さらにはリーダーとしての資質まで疑われる事態となってしまった。

だが、ジョージはあらゆる批判をエネルギーに換えることに成功したのかもしれない。

ジョージは今季のパフォーマンスについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

僕はリベンジの心を持って臨んでいる。

昨季終盤のあまりに多いノイズが嫌だった。

だが、人々が弱さを指摘したのは事実だ。

僕はそれに対処しなければならなかった。

それに答えなければならなかった。

それが僕を奮い立たせているんだ。

現在3連勝中のクリッパーズは、現地17日にインディアナ・ペイサーズと対戦する予定だ。

ジョージにはペイサーズ戦でもチームを牽引し、4年1億9000万ドルの延長契約に値する選手であることを証明してもらいたい。

なお、ジョージの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数12664
平均出場時間34.633.5
平均得点25.320.1
平均リバウンド6.16.4
平均アシスト5.2
(キャリアハイ)
3.4
平均スティール1.31.7
平均ターンオーバー3.8
(キャリアワースト)
2.6
FG成功率50.3%
(キャリアハイ)
43.5%
3P成功率51.5%
(キャリアハイ)
38.4%
フリースロー成功率91.8%
(キャリアハイ)
84.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA