【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「ドレイモンド・グリーンはパスの達人」

ステフィン・カリー「ドレイモンド・グリーンはパスの達人」

NBAプレイオフ進出を目指すゴールデンステイト・ウォリアーズは現地23日に強豪デンバー・ナゲッツと対戦し、21点差で快勝した。

エースのステフィン・カリーは先日のワシントン・ウィザーズ戦でFG成功率28.0%、3P成功率14.3%と苦しんだものの、ナゲッツ戦は4本の3ポイントを含む32得点を記録。

だが、勝利に最も貢献したのはドレイモンド・グリーンかもしれない。

この日のグリーンは2得点にとどまったものの、12リバウンド、NBAキャリアハイタイとなる19アシストを記録。

カリーによると、グリーンはパスの精度やタイミングなどに優れており、グリーンの正確無比なパスがゲームに流れをもたらしているという。カリーのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

狙い通りのパスを出すと、すべてが少しずつ良くなり、少し速くなる。

パスの角度、パスのスピード、パスのタイミング、そういったことにおいて、彼は達人だ。

グリーンは今季、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーに「トリプルシングルス」と揶揄された。

だが、スコアリング能力こそ劣るものの、ウォリアーズにおいて最も重要な歯車であり、グリーン抜きで今のウォリアーズは成り立たないだろう。

クレイ・トンプソンを欠く中、カリーもグリーンの存在を頼もしく感じているに違いない。

グリーンにはこれからも縁の下の力持ちとしてウォリアーズを支え、NBAプレイオフ進出に貢献してもらいたいところだ。

なお、グリーンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数52628
平均出場時間30.828.4
平均得点6.68.8
平均リバウンド6.66.9
平均アシスト8.7
(キャリアハイ)
5.3
平均スティール1.61.4
平均ブロックショット0.81.0
平均ターンオーバー2.92.1
FG成功率41.7%43.4%
3P成功率25.0%31.5%
フリースロー成功率77.9%71.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA