【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「現役引退の時はゲームが教えてくれる」

レブロン・ジェイムス「現役引退の時はゲームが教えてくれる」

トム・ブレイディが43歳という年齢で通算7度目のスーパーボウル制覇を果たした。

NBAにはスーパーボウルファンが多く、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスもそのひとり。

ブレイディのように年齢を感じさせないパフォーマンスを続けているジェイムスだが、ブレイディの通算7度目のタイトル獲得には感動したものの、「43歳までNBAでプレイし続けよう」というモチベーションにはつながらないという。

ジェイムスは自身について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

僕は彼を見続けてきた。

彼が彼のキャリアを通して成し遂げてきたこと、またひとつタイトルを獲得したことをを見るのは、すごくクールだった。

僕のような男にとってはすごく刺激的だった。

だが、2つの異なるスポーツ、異なるポジションだ。

僕がいつまでゲームをプレイするかは分からない。

あとどれくらい僕がゲームに貢献できるかは分からない。

それが今の僕が感じていることだ。

どうなるか見てみよう。

ただ、(引退の)タイムテーブルは設けていない。

「OK、30何歳とか40何歳までプレイしたい」ということは考えていない。

その時が来たらゲームが教えてくれるだろう。

その時に考えるよ。

ジェイムスはオフシーズン中に2年の延長契約を結んだ。

この契約が満了を迎える頃に息子のブロニー・ジェイムスがNBAドラフトにエントリーする予定であり、ジェイムスは息子と共にNBAでプレイするため、息子を指名したチームに移籍すると見られている。

つまり、少なくとも3年はNBAで現役を続けるだろう。

それまで大きな怪我をすることなく、息子と共にNBAコートに立つという夢を実現させてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA