【スポンサーリンク】

ジョン・ウォール「今の僕は2016年以上のアベレージを記録できる」

オフシーズン中のトレードでワシントン・ウィザーズからヒューストン・ロケッツに移籍したジョン・ウォールは、長い離脱期間を感じさせないパフォーマンスを見せている。

ところどころで精彩を欠く場面があるものの、試合を経るごとに勘を取り戻し、NBAオールスターレベルのプレイでロケッツを牽引するだろう。

だが、ウォールはかつてのパフォーマンスを取り戻すだけでなく、かつて以上のNBAプレイヤーになれる手応えを感じているのかもしれない。

ウォールは自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

今の僕は(得点とアシストでキャリアハイを記録した)2016年以上のアベレージを記録できると思う。

まだ完全な状態ではない。

試合を経るたびに良くなり、自分のリズムを見つけているんだ。

今季のウォールは平均20得点を記録しているものの、アシストについてはNBAキャリア平均を大きく下回っている。

ウォールはスコアリング能力だけでなく、アシストにも定評あるNBAプレイヤーであるため、チームメイトたちとの連携が取れるようになれば、アシスト数は必然的に増加するだろう。

果たしてウォールはNBAキャリアベストのスタッツを記録した2016-17シーズン以上のパフォーマンスを繰り広げることができるだろうか?

なお、ウォールのNBA2016-17シーズンと今季のスタッツは以下の通りとなっている。

2016-172020-21
出場試合数786
平均出場時間36.434.5
平均得点23.120.0
平均リバウンド4.25.5
平均アシスト10.75.2
平均スティール2.01.2
平均ターンオーバー4.13.5
FG成功率45.1%46.4%
3P成功率32.7%33.3%
フリースロー成功率80.1%87.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA