【スポンサーリンク】

デイミアン・リラード「僕がスター選手と組むために移籍することはない」

デイミアン・リラード「僕がスター選手と組むために移籍することはない」

近年のNBAではスター選手たちが同じチームに集結し、NBAチャンピオンを目指すケースが多く見られる。

直近で言えば、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーン、ケビン・デュラントを擁したゴールデンステイト・ウォリアーズ、レブロン・ジェイムスと・アンソニー・デイビス擁するロサンゼルス・レイカーズ、カワイ・レナードとポール・ジョージ擁するロサンゼルス・クリッパーズ、カイリー・アービング、デュラント、ジェイムス・ハーデン擁するブルックリン・ネッツが代表的な例だろう。

だが、デイミアン・リラードがNBAタイトルを獲得するためにポートランド・トレイルブレイザーズ以外のチームでスター選手たちと結集することはなさそうだ。

リラードはスター選手の集結について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕がそうすることは絶対にない。

ただ、僕にコントロールできることではない。

もしチームが僕のトレードを決定した場合、僕にはコントロールできない。

「あの選手と一緒にプレイするために移籍する」とか「あの選手を獲得したい」という男もいる。

彼らがそうしたいなら、僕は気にしない。

ただ、そういったことは僕にはできない。

そうするなら、僕はコートで全力を尽くして負ける。

なぜなら、そうすることで勝てるようになるということを知っているからね。

リラードは過去にも「スーパーチームに興味はない」と発言するなど、何があろうとブレイザーズ一筋のNBAキャリアを送ることを誓っている。

リラードのこの発言にブレイザーズファンは喜び、リラードをより愛することだろう。

なお、リラードの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数24639
平均出場時間35.836.4
平均得点29.024.4
平均リバウンド4.44.2
平均アシスト7.26.5
平均スティール1.01.0
平均ターンオーバー3.02.8
FG成功率44.6%43.8%
3P成功率37.8%37.3%
フリースロー成功率94.2%
(キャリアハイ)
89.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA