【スポンサーリンク】

ジャレッド・ダドリー「NBAを引退していたかもしれない」

ジャレッド・ダドリー「NBAを引退していたかもしれない」

ロサンゼルス・レイカーズのベテランフォワード、ジャレッド・ダドリーはシーズン中に膝内側側副靱帯を断裂し、長期離脱を余儀なくされた。

ダドリーはコートサイドでチームメイトたちをサポートし続けるため、手術を回避することを決断。

この2カ月間は厳しい食事制限で約4.5kgのダイエットに成功するとともに、PRP療法による回復に取り組んでいたという。

レギュラーシーズン最後のニューオーリンズ・ペリカンズ戦で復帰したダドリーはこの2カ月間を振り返り、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

僕のキャリアにおいて最高の成果だったと思う。

引退するかもしれなかった。

今は、「もう1年プレイできるかもしれない」という感じさ。

コートに復帰できたことは、僕にとって大きな意味があることなんだ。

今年7月に36歳になるダドリーは、今季終了後に完全FAになる。

レイカーズでは十分な出場時間を得ることができていないものの、リーダーシップを発揮してチームメイトたちを鼓舞し続けている。

NBAプレイオフでも出場機会はほとんどないだろうが、チームメイトたちを鼓舞し、ロッカールームでレイカーズのNBA連覇に貢献してもらいたいところだ。

なお、ダドリーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数12904
平均出場時間6.822.3
平均得点0.57.3
平均リバウンド1.83.2
平均アシスト0.41.5
平均スティール0.10.8
平均ターンオーバー0.20.8
FG成功率22.2%46.3%
3P成功率33.3%39.3%
フリースロー成功率73.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA